SEO

私がSEOライティングで成功するために実践した10の事

見出しタグ・文字数・アイキャッチ画像、SEOライティングについて様々な改善を行っているにも関わらず、上手く成果に結びつかない方はとても多い。

そこでこの記事では、記事設計から本文執筆までにおける正しいSEOライティング手法をお伝えしたいと思う。

この記事を書いている私たちは、このSEOライティング手法によって[SNS集客][ネット集客]など100以上のキーワードで検索上位獲得に成功している。

検索1位獲得事例

また、この記事は中級者以上の方向けに書かれている。
基本的なテクニック・小技に関してはSEOに効くブログ記事の書き方をご覧頂きたい。

この記事で学べるコト

SEOライティングで失敗する人の特徴

効果的なSEOライティングの方法

YMYL分野でのSEO対策ポイント

なお、この記事は長文になっているため、集中力が途切れそうになった場合はブックマーク等で保存をして数日に分けて読み進めてほしい。

men
men
ブクマしたし続きは明日に
woman
woman
早いよ!
ホームページ制作について

SEOライティングの理想形とは

この記事をご覧になっている方の100%は、コンテンツを検索上位表示させることを目標にしているはずだ。

ではGoogleは、検索順位を決めるにあたってコンテンツの優劣をどのように判定しているのだろうか?
それについてGoogleは下記のように明言している。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。

引用元:Googleが掲げる10の事実

つまりGoogleが評価するのはユーザーにとって有益なコンテンツなのだ。

では有益なコンテンツ、Googleに評価されるSEOライティングの理想形とは一体どのようなものだろうか。

私たちの考えるSEOライティングの理想形とは、下記の2点をクリアしているコンテンツである。

  • ユーザーの検索ニーズを120%満たしている
  • ストレスフリーで最後まで読むことができる

ライティング上級者であればあるほど、この2つをクリアすることがどれだけ困難であるか解るはずだ。

それぞれについて簡単に触れておきたい。

ユーザーの検索ニーズを120%満たしている

検索ニーズとは、「検索者の求めている情報」のことである。

例えば、「卵かけご飯 作り方」というテーマの記事をライティングする場合、卵かけご飯の作り方を解説するのが検索ニーズを心得たコンテンツとなる。

しかし卵かけご飯の作り方を完璧に解説したとしても、それは検索ニーズの100%までしか満たすことはできない。

その程度のコンテンツは既にインターネット上に溢れ返っており、これだけでは検索上位を勝ち取ることは不可能だ。

men
men
Googleに袖の下・・・ですね?
woman
woman
違うよバカ

残り20%の検索ニーズとは一体何なのか?
これを理解するには顕在ニーズと潜在ニーズを知る必要がある。

潜在ニーズと顕在ニーズ

顕在ニーズと潜在ニーズの違いは次の通り。

顕在ニーズ・・・ユーザーが欲しいモノを自覚している状態

潜在ニーズ・・・明確に自覚はないが欲求がある状態

今回の場合、顕在ニーズは卵かけご飯の作り方である。
そしてこのユーザーが深層心理で欲しているものこそが潜在ニーズである。

潜在ニーズを探る方法はシンプルで、読者像に対して「なぜ?」と問いかけていけばよい。

「卵かけご飯 作り方」で検索したのは何故だろう?
このユーザーは美味しい卵かけご飯を作りたいのだ。

では、そのユーザーにきっと喜ばれるであろう情報は何だろうか?
美味しい卵かけご飯を作りたい人には下記のような情報が喜ばれるはずだ。

  • 卵かけご飯に合う醤油の種類
  • 美味しいお米の炊き方

この2つが潜在ニーズそのものである。

men
men
「お箸の持ち方」とか!
woman
woman
それはもう顕在ニーズだね

本来の記事にこういったプラスαのコンテンツを加えることで、100%を超える120%の検索ニーズを満たすことが可能となる。

ストレスフリーで最後まで読むことができる

Nielsen Norman Groupの調査によると、一般的なWebページではテキストの28%程度しかユーザーに読まれていない。
つまりほとんどのユーザーが途中で読むことを止めてページから離脱しているのだ。

読むのを途中で止めるということは、そのコンテンツが詰まらない、もしくは読みにくいということである。

あなたもこれまで数多のWebページを見てきたと思うが、ページを最後まで読み切った経験は片手で数えるほどしかないはずだ。

無論、途中で離脱されるのでサイトから商品・サービスが購入されるはずもない。

そのようなコンテンツをGoogleが評価するだろうか?

実際に、Webページの滞在時間(精読率)というのはSEO評価基準の1つとなっている。

ここまでで説明したように、検索ニーズを120%満たす最後まで読み切らせることの2点が、SEOライティングの理想形となる。

それを踏まえた上で、この2つを可能にするSEOライティングテクニックを説明したいと思う。

SEOライティングの具体的な方法

SEOライティングをはじめる際、いきなりテキストを書き出すと必ず失敗する。

段取り八分と言われるように、記事も段取り次第で全てが決まる。

そのため、まずは記事を書きだす前準備である「コンテンツ設計」が必須となる。

コンテンツ設計

私たちがライティングにおいて一番時間を掛けている工程がこのコンテンツ設計である。

コンテンツ設計次第で記事の質が全て決まるといっても過言ではない。

ではコンテンツ設計とは一体何をするのだろうか。
具体的には、記事の材料として下記の4つを書き出すことである。

  • 問題提起・・検索者の悩みは何かのか
  • 解決策・・・悩みを解決する回答(顕在ニーズ)
  • 解決策のプラスα・・・求めているだろう情報(潜在ニーズ)
  • 解決策の根拠・・・その回答の根拠

まずは検索キーワードから顕在ニーズと潜在ニーズを探り、その解決策を提示する。

更に、記事に説得力を持たせるために解決策の根拠を提示する。この根拠がないとユーザーは半信半疑になって途中で読むことを止めてしまう。

例えば、この記事の場合は下記のようにコンテンツ設計を行っている。

SEOキーワード・・・SEOライティング

  • 問題提起・・・SEOライティングを学びたい
  • 解決策・・・SEOライティングの具体的な方法
  • 解決策プラスα・・・その他内部SEOテクニック
  • 根拠・・・実際にこの手法で100以上のキーワードで検索上位を獲得している

SEOライティングという検索キーワードを用いる方の根本的な悩みは、「記事を検索上位に表示させたい」ことである。

そのため、ライティング方法以外にも、記事後半で様々なSEOテクニックを解説している。
それにより潜在ニーズをカバーしているのだ。

men
men
袋とじとか付いてる?
woman
woman
その歪んだニーズは満たせません

如何だろう、たった4つの項目を書き出しただけで記事の方向性が見えてきたと思う。
方向性さえ決まってしまえば、記事タイトルを付けることも容易になる。

記事タイトル

記事タイトルは検索結果画面において以下のように表示される。

検索結果画面

タイトル次第でクリックされる確率が大きく上下するため、非常に重要なものである。

記事タイトルを決める上で注意するポイントは下記の通り。

  • SEOキーワードをタイトル左側に含める
  • 32文字以内に収める

2つとも重要なポイントなので順に解説したい。

SEOキーワードを左側に含める

この記事をご覧の方は、ある程度のライティング経験をお持ちで、必ずタイトルにSEOキーワードを含めているはずだ。

その際、なるべくタイトルの左側にSEOキーワードを含めよう。

何故なら、検索結果画面においてユーザーの視線は左から右方向に流れる。
そしてタイトルを半分程度しか読まずにクリック先を選択しようとする。

その際、視界に検索キーワードが入ってこないと「ここに自分の求める情報はない」と判断して選択肢から除外してしまうのだ。
そのため、なるべくユーザーの視界に触れやすいようSEOキーワードはタイトルの左側に配置しよう。

32文字以内に収める

また、記事タイトルは32文字以内に収めよう。

何故なら、Google検索結果画面ではタイトルは最大でも32文字までしか表示されない。
32文字を超えるタイトルは下記のように途中で途切れて表示されてしまう。

32文字を超えるタイトル

なお、文字数は全角・半角問わず1文字と計算されるようになっている。

先ほども述べたようにクリック率次第でアクセスは2倍にも2分の1にもなり得る。
クリック率の向上はSEOライティング同様に大切なテクニックなので、興味のある方は下記の記事も一緒にご覧いただきたい。

解説
なんと8倍以上!クリック率を掌握するタイトルのつけ方とその証明 近年、検索順位を左右するSEO対策という言葉が普及して重要視されていますが、記事タイトルのクリック率はSEO対策同等の重要性を持...

記事タイトルを決定した次は、記事の見出し構成の作成に移る。

見出し構成

見出しタグとは検索エンジンとユーザーにコンテンツ想像を伝えるために用いられる技術のことである。

見出しタグは、本でいうところの「目次」のような役割を持つ。

見出しタグの使い方、ルールなどは本記事では割愛させて頂き、ここでは検索上位を獲得するためのSEOに強い見出し構成の作り方を解説したいと思う。

men
men
割愛してんじゃねーぞコラァ!!
woman
woman
まあまあ下を読め

なお、見出しタグの基本を復習したい方には見出しタグの使い方と注意点をご覧いただければと思う。

SEOに強い見出しタグの作り方は、下記の3ステップにより作成することができる。

  1. 検索上位の参考サイトを2つ用意する
  2. それぞれの長所を掛け合わせる
  3. 独自の見出しを加える

それぞれどういうことなのか解説したい。

①検索上位の参考サイトを2つ用意する

まずは記事テーマとなるSEOキーワードで実際に検索を行い、1ページ目に表示されているサイトに一通り目を通す。

検索1ページ目に表示されているという事は、現在インターネット上にあるコンテンツの中でもトップクラスに優れた記事ということである。

検索上位を狙う場合、これらを超越する良質な記事を作ることが最低目標となる。

そして1ページ目に表示されている記事の中から、最も読みやすいと思った記事を2つピックアップしよう。

②それぞれの長所を掛け合わせる

2つの記事をピックアップ後、それぞれの見出し構成を書き出していく。

見出し構成

書き出した後、それぞれの見出し構成の良い箇所を赤枠で、良くない箇所を青枠で囲んでいく。

見出し構成
  • 赤色枠・・・参考にしたい、取り入れたい部分
  • 青色枠・・・不要、蛇足に思える部分

そしてそれぞれの赤色枠部分を掛け合わせて見出し構成を作ることで、両者の長所のみを活かしたサラブレッドの見出しが完成する。

※他サイトのコピペは良くありません。あくまでも構成を参考にする、方向性を真似るといった意味合いです。

③独自の見出しを加える

ここまでで仕上がった見出し構成でも十分に素晴らしいものだが、既存の検索上位記事の質を圧倒的に凌駕しているかと問われると疑問が生じる。

所詮は似たり寄ったりの内容の記事になってしまい、ライバルと差をつけるのが難しい。

men
men
ニコイチ車みたいなもんですから
woman
woman
育ちが悪そうな例えだな

そこで、この見出し構成に独自のオリジナル要素を加えるのだ。

あなたのこれまでの経験から学んだ、まだどのサイトにも掲載されていない第一次情報をエッセンスとして加えることで、記事の質が格段に向上する。

リード文

タイトル、見出し構成を作成した後、やっと本文のライティングに移る。

まずは記事のリード文(冒頭文)のライティングである。

冒頭でもお伝えしたように、Webページと言うのは8割近くのユーザーが最後まで読まずにページから離脱してしまう。

そしてこの離脱率は、リード文でどれだけのユーザーを惹きつけられるかによって大きく変わってくる。

リード文には下記4つのタイプが存在する。

①問題提起

ユーザーの抱える悩みなどを訴えかけ、共感性を煽ることで興味を惹きつける。

例えば、「ブログ記事がなかなか検索上位に表示されずお困りではないでしょうか?」などだ。
ユーザーが共感し、「私の探していた記事だ」と思わせることができれば離脱率は格段に低下する。

②解決策の提示

あなたの記事を読むことで何が得られるのか、どういった変化が起こるのかを具体的に明示する。

例えば、「検索1位を獲るためのSEOライティング手法を教えます」などだ。

Webユーザーと言うのは、書物を読むようにゆっくり時間を掛けてページを読もうとは考えていない。今すぐ答えを知りたいのだ。

逆に、数行程度を読んで「このページに私の求めている情報はない」と判断すると離脱してしまう。

そういったWebユーザーに対し、リード文で早めに解決策を提示してあげるのは非常に効果的である。

③解決策の根拠

②で提示した解決策の根拠を伝える。

例えば、「今からお伝えするSEOライティング手法で100以上のキーワードで上位表示に成功してきました」など。

記事に説得力を持たせることで「この人からノウハウを学びたい!」と興味を惹きつけることができる。

④根拠の証拠

もう1つお勧めしたいのが、根拠の証拠提示である。

本記事の場合、実際に検索1位を獲得しているスクショを貼り付けている。

検索1位獲得事例

Web上には誇大広告が溢れ返っており、少々の根拠を提示したところでユーザーは興味を持ってくれない。
そのため、根拠の証拠を提示することで「この記事を読めば間違いない」という安心感を与えることができる。

men
men
捏造の恐れがあるので根拠の証拠の証拠を
woman
woman
キリがないわ

以上がユーザーを惹きつけるリード文を作るために必要不可欠な4パーツとなる。

なお、こういったリード文は最初のコンテンツ設計ができていれば簡単に執筆できるはずだ。

大切なことなので繰り返すが、記事の質は最初のコンテンツ設計次第で全て決まる。

本文

そして次に、見出し構成を元に本文のライティングを進めていく。

ここで1つ質問をしたいと思う。

本文を書き出す際、1行目の文章は何を目的としてライティングすべきかご存じだろうか?

通販事業のパイオニア、ジョセフ・シュガーマン曰く、1行目の目的は2行目を読ませることだ。

そして2行目の目的は3行目を読ませることにある。

とにかく読みやすくストレスフリーな文章をあなたはライティングし続けなければならない。

それを実現するための簡単なコツをいくつかご紹介したい。
本文ライティングに必要なコツは下記の4つになる。

  • 結論を先に伝える
  • 箇条書きを活用する
  • 図・表などを活用する
  • 母音をズラす

それぞれについて解説したい。

結論を先に伝える

結論とは何なのか。
例えば今先ほど、本文ライティングの4つのコツを箇条書きでご紹介したが、それが結論部分になる。

結論の提示

結論を先に明示しなければ、ユーザーは今から何の説明がはじめるのか理解できず、いつ終わるのかも解らない状態で読み進めなければならない。

そういったストレスにWebユーザーは耐えることができない。

箇条書きを活用する

箇条書きはストレスフリーな文章をライティングする上で欠かすことのできない技術である。

例えば、先ほどの結論部分を箇条書きを使わずにライティングすると下記のようになる。

それを実現するための簡単なコツをいくつかご紹介したい。
本文ライティングに必要なコツは、結論を先に伝える、箇条書きを活用する、図・表などを活用する、母音をズラすの4つとなる。

この文章が箇条書きを活用することで下記になる。

それを実現するための簡単なコツをいくつかご紹介したい。
本文ライティングに必要なコツは下記の4つになる。

  • 結論を先に伝える
  • 箇条書きを活用する
  • 図・表などを活用する
  • 母音をズラす

このように、箇条書きを用いることで圧倒的ストレスフリーな文章をライティング可能となる。

表・イラスト・文字装飾などを活用する

現代人の長文離れが年々加速し続けている。
スマホで読む文章と言えば、Twitter・Instagramでの1~3行の文章くらいだろう。

そんな現代人にあなたは数千文字のテキストを読み切らせなければならない。

文字ばかりが続く単調な記事では、ユーザーは途中で疲れて読むことを止めてしまう。

適切に文字装飾・表・イラストを活用して読み疲れを起こさないライティングを心がけよう。

WordPressの場合、TinyMCE AdvancedというプラグインをDLすれば簡単に装飾機能が使えるようになる。

母音をズラす

読んでいてなんとなくメリハリがない・間延びして飽きやすく感じてしまう文章がある。

例えば、下記の2パターンの内どちらの方が読みやすいだろうか?

  1. このダイエット方法は効果があるのか調べてみた
  2. このダイエット方法に効果はあるのかを調べてみた

ほとんどの方が2番を選ぶはずだ。
1番の文章にメリハリがない原因は、文節毎の母音が揃っていることにある。

  1. このダイエット方法は(a)効果が(a)あるのか(a)調べてみた(a)
  2. このダイエット方法に(i)効果は(a)あるのかを(o)調べてみた(a)

ご覧のように、母音をズラすだけで文章に躍動感を出すことができる。

men
men
愛しさと(o)切なさと(o)心強さと(o)
woman
woman
小室哲哉に喧嘩うってんのか

以上、ここまでがSEOライティングの理想形を実現するためのテクニックとなる。

如何だろうか、決して難解なものではなく、今日から実践できる内容ばかりだったと思う。

また、近年では医療・法律などのYMYLと呼ばれるジャンルのSEOが非常に難しくなっているのをご存じだろうか?

このYMYL分野におけるライティングテクニックについても触れておきたい。

YMYL分野でSEOライティングの成果を出すコツ

YMYLとは、Your Money or Your Life の略称で、お金・人生・医療・法律に関わるジャンルを指す。

YMYLジャンルにおいて誤った情報が検索結果に表示されるとユーザーの人生に大きな悪影響を与えてしまう。

それを防ぐため、GoogleはYMYL分野におけるコンテンツ評価基準を厳格化しはじめたのだ。

例えば、[癌 治し方]と検索をしてみると公共機関・医療機関のWebサイトしか上位表示されていないのが確認いただけるだろう。
このように、YMYL分野において個人・中小企業が検索上位にランクインするのは非常に困難になっている。

そんなYMYL分野で成果を出すためのライティングテクニックをいくつかご紹介しよう。

YMYL分野でコンテンツの評価を得るためには、下記の3つが必須となる。

  • 権威性
  • 信頼性
  • 専門性

この3つを構築する方法を解説したい。

権威性

権威性とは、「この記事は誰が書いたものなのか」ということである。
例えば、下記の場合だとどちらの権威性の方が高いだろうか。

権威性の比較

両者の場合、間違いなく医師の方が権威性は高い。

もうお気づきの方もいらっしゃると思うが、権威性というのは一朝一夕で変えられるものではない。

対策としてまず最初にすべきことは、ブログページ内に筆者プロフィール欄を設けることである。

WordPressの場合、WP User AvatarというプラグインをDLすることで簡単に筆者プロフィール欄を設置することができる。

そしてプロフィール欄を設けた上で、その筆者の権威性(Web上の知名度)を上げていく。具体的には下記のような方法で権威性を高めていく。

  • SNSでも情報発信を行う
  • 同ジャンルのサイトから被リンクを受ける
  • Amazon等でWeb書籍を出版する

書籍を出版と聞くと身構える方も多いと思うが、Web書籍の場合は0円で出版可能。
これまでのブログ記事をまとめる要領で書籍を執筆をすれば労力もさほど掛からない。

信頼性

信頼性とは、「その記事の情報は間違いないのか」といった事である。

コンテンツの信頼性を築く場合、下記の2点を行う。

  • 最新の情報に更新し続ける
  • 引用・参照リンクを活用する

それぞれについて簡単に説明しよう。

最新の情報に更新し続ける

例えば法律関係の記事を執筆する場合、法改正があったタイミング等で改正後の法律に合わせて記事を修正・更新する必要がある。

更新しなければ記事を通して誤った古い法知識を広めてしまうことになる。

また、法改正等がなくとも、1年に1度のペースで記事を見直してリライト作業を行うのが好ましい。

常に記事を最新の状態に保つことで信頼性を担保することができる。

引用・参照リンクを活用する

記事内で重要なデータや数値を明示する場合、その根拠として引用・参照リンクを貼るようにしよう。

また、引用元のサイトは行政機関ホームページなど権威性のあるサイトにすべきだ。

men
men
5ちゃんまとめサイトは?
woman
woman
5ちゃんの書き込みは10割ウソよ

個人のブロガーなどから引用してしまうと、情報の信頼性を落としてしまうことになり、SEOにマイナス影響を与えてしまう。

専門性

専門性とは、そのWebサイトが何らかの専門分野に特化しているかといった点だ。

また、専門性をGoogleにアピールする方法は下記の通り。

記事内に適切な内部リンクを増やす

内部リンクを増やすということは、同カテゴリの記事を増やすということに繋がる。

ただ執筆するだけでなく、適切な内部リンクを構築することで、サイトの専門性を伝える事ができる。

以上がYMYLにおけるSEOテクニックの解説となる。

また、こられのテクニックはYMYL以外のジャンルにおいても大変有効である。
全ライターが取り組む課題とも言える。

SEOライティングで成果の出ない失敗原因

最後に一点だけ、最も多いSEOライティングの失敗原因についてお話したい。

私たちはこれまでに、素晴らしいコンテンツなのに検索7、8ページ目に埋もれている「報われない記事」をたくさん目にしてきた。

こういった現象の原因の多くはサイト設計におけるキーワード選定のミスにある。

例えば、カテゴリ名が「日記」などに設定されていたり、記事タイトルがその日の日付になっていたり等だ。

サイト設計でのSEOキーワード選定の方法は下記の記事で詳しく解説しているので、該当する方は是非ご覧頂きたい。

SEOキーワード選定【サイト設計までを完全解説】 SEOの追求において、キーワード選定は最重要課題といっても過言ではない。 キーワード選定を正しく理解・実行することができた...

まとめ

以上がSEOライティングで効果を倍増させるための全テクニックである。

かなり長々とした説明になってしまったが、あなたが目指すべきコンテンツは冒頭でお伝えした通り、下記2点を満たすものである。

  • ユーザーの検索ニーズを120%満たしている
  • ストレスフリーで最後まで読むことができる

私たちが私生活でGoogle検索を使用した際に、いつかあなたの書いた記事を目にできることを祈っている。

men
men
よければ記事のシェアしてね!
woman
woman
よろしくお願いします
育てるSEO×月額制

地域ビジネスの最重要キーワード [サービス名 地域名] の検索上位を獲ります。

低コストで月間10万Pvを実現。

SEOサービスについて