ホームページ

ホームページ作成の相場|不備のないモノが作れる価格境界線を検証

格安ホームページをお求めの方は相場価格を調べるといった事はしません。

相場価格を調べるということは、「安さ」と「一定以上の品質」の2つをホームページに求めており、知りたいのは「不備のないホームページが作れる価格の境界線」かと思います。

この記事では、相場費用の各社リサーチ結果、そして費用の違いでホームページの何が変わるのかを解説していきます。

これを読んで頂ければ、価格の境界線が自ずと判断できるはずです。

ホームページ作成費用の相場

毎月3000以上の案件の見積もりを分析しているアイミツでは、平均相場85万円というリサーチ結果が出ています。

相場価格グラフ
出典:アイミツ

低価格帯は~30万円、標準価格帯は30~100万円、高価格帯は100万円~と、かなり幅があります。

men
men
30万円と100万円のホームページは何が違うの?
woman
woman
今から解説するから待ちなさい

出典元のリンク先では低価格・標準価格・高価格それぞれの作成実例を観ることができるので、気になる方は一体何が違うのか目視で確認することができます。

また、WEB幹事の統計によるとホームページはその利用目的によって制作費に大きく差があるとし、目的別に平均的費用をまとめた以下のようなデータを公開しています。

目的相場運用費用発注先制作期間
とにかくお金をかけず
ホームページが必要
初期費用無料〜
10万円以下
注意!!
(詳細後述)
フリーランス1週間〜1ヶ月
名刺代わりとして
ホームページを作っておきたい
10~50万円1万円/月以下フリーランス
中小規模の制作会社
2週間〜2ヶ月
パンフレット代わりとして
会社のことを説明できる
ホームページにしておきたい
50~100万円1万円/月以下中小規模の制作会社1ヶ月〜3ヶ月
Webからの集客経路を作りたい
Web集客を始めたいデザインに
こだわってブランディング始めたい
100~300万円1万円〜10万円中小規模の制作会社
大手制作会社
2ヶ月〜4ヶ月
Webをメインに集客を行う体制を作りたい
本格的にブランディングを行いたい
300万円以上10万円〜30万円大手制作会社4ヶ月〜

出典:WEB幹事

リンク先では、企業ホームページの他にもネットショップやSEO対策に掛かる相場費用もまとめられているので是非参考にしてください。

これらの資料からも解るように、ホームページ制作費用の相場というものは、あってない様なものです。

制作料金5万円のホームページもあれば、300万円のホームページも存在します。

飲食業界において格安店と高級店の二極化が進んでいるのと同じ現象が、ホームページ制作業界においても起きています。

300円の牛丼でも十分に美味しい様に、5万円のホームページでも十分に働いてくれます。

作成費用による具体的な違いとは

ホームページに求められる要素は、デザイン性・集客力・収益力の3つだけです。

ホームページの3大要素

デザイン性とは、ダサい・カッコイイといった見た目に影響を及ぼす要素です。

そしてホームページのアクセス数に影響してくるのが集客力、そのアクセスからどれほどの割合で成約(予約・お問い合わせ等)を獲得するかに影響するのが収益力です。

よく集客力と収益力は一緒くたにされがちですが、全く異なる要素なので別々に考えるようにしてください。

制作費用によってそれぞれの要素にどのように影響を及ぼすか、1つずつ解説していこうと思います。

デザイン性

ホームページをデザインするには、HTML・CSSといったコーディング技術が必要となります。

凝ったデザインを望めば望むほど制作時間も掛かり、それに比例して費用も増えます。

制作費用10万円以下のホームページ制作会社は、全てテンプレートデザインを使用していると考えてください。

テンプレートデザインとは、予め用意されたデザインを利用することで大幅な制作時間・費用の削減に繋がります。

どのようなテンプレートデザインを利用するかは制作会社によって違うので一概には言えませんが、必ずしもテンプレートデザインのデザイン性が乏しいということはありません。

富山工房でも、制作費削減・SEO上の優位面からWordpressと呼ばれるCMSを利用しており、デザインに関しても数千種類あるテンプレートの中から厳選した優良な物を使用しています。

実際に利用しているデザインのデモサイトご紹介しますので、先ほどの100万円のホームページとのデザイン性の違いをご確認ください。

-画像クリックでデモサイトへ-

-画像クリックでデモサイトへ-

これは初期費用0円で提供させて頂いているホームページです。

適切なテンプレートを選ぶことで、制作費用によるデザイン性の差は埋めることが可能です。

集客力

集客力とは、ホームページにどれだけのアクセス数を集めることができるかといった能力のことを差します。

基本的にアクセスは検索からの流入がメインとなる為、「業種 都市名」など自身のビジネスに最も影響するキーワードで検索した際の表示順位が重要となってきます。

Internet Marketing Ninjas社のデータによると、検索順位別のクリック率は以下の通りです。

検索順位平均クリック率
1位21.12%
2位10.65%
3位7.57%
4位4.66%
5位3.42%
6位2.56%
7位2.69%
8位1.74%
9位1.74%
10位1.64%

ご覧のように、表示順位が上であるほどクリック率も高くなります。

men
men
つまり美人ほどナンパされやすいってことだね
woman
woman
全然違うから

検索結果での表示順位を上げる為の施策はSEO対策(検索エンジン最適化)と呼ばれ、この技術レベルが検索順位に直接影響してきます。

このSEO対策の技術は制作者の知識と経験が最も影響するため、制作費を掛けたからといってSEO効果も比例して上がるわけではありません。

格安制作を行っているフリーランスであっても、SEO対策面に精通している方はたくさんいます。

1つだけ、制作会社のSEO対策の技術力を測る方法があります。

例えば、地元の制作会社へ依頼をしようと考えている場合、「ホームページ制作 都市名」で検索をしてみてください。

その順位が、SEO対策の技術力の高い順番です。

何故なら、制作会社が一番SEO対策に注力しているのは自社のホームページだからです。

自社のホームページすら上位表示させることのできない制作会社が、クライアントのホームページを上位表示させられる訳がありません。

結論を述べると、制作費用と集客力は必ずしも比例はしないということになります。

収益力

3つ目の要素は収益力です。

収益力とは、ホームページ経由でどれだけの来店予約・問い合わせを獲得できるかを意味し、その成績を測る1つの指標としてコンバージョン率(成約率)があります。

コンバージョン率は、以下の計算式で求めることができます。

コンバージョン率=コンバージョン数÷アクセス数

コンバージョン数とは、獲得した成約の数を意味します。

成約とはホームページに設定した目的を達成することです。その目的とは、来店予約・問い合わせ・資料請求など、ホームページによって設定は様々です。

コンバージョン率は、文字の大きさ・ページの表示速度・ページの配色など多種様々な要因で変動し、製作者の知識・経験によって大きく左右します。

またテンプレートデザインであっても、コンバージョン率まで考慮された優秀なデザインもあります。

そして最も大切なことは、納品後も経過観察をして改善施策を行っていくことです。

運用直後からそのホームページのポテンシャルを最大限発揮させることは到底不可能です。

一般的に、制作会社はコンバージョン率の経過観察・改善までは行ってくれません。

ホームページ制作会社は制作物を納品するまでが仕事であり、その後の運用コンサルティングは管轄外です。

もしコンバージョン率の改善まで視野に入れて制作会社をお探しになる場合は、マーケティング分野にまで精通した会社を選ぶ必要があります。

制作費は40万円~に加え、月額の管理費2~5万円前後の費用が掛かってくるでしょう。

men
men
 高っ!
woman
woman
マーケティングにはそれだけ時間と労力が要るってことさ

また、トップクラスの集客力・収益力を併せ持つホームページが作りたい場合は、コンテンツマーケティングにも精通した制作会社を選ぶ必要があり、200~300万円の制作費用、それに加えて年間100万円前後の管理費が掛かるでしょう。

莫大な費用と時間を必要としますが、従来型のホームページとは桁違いの成果を発揮するでしょう。

冒頭で説明した二極化とは、このことを意味しています。

そういった莫大な費用の掛かるコンテンツマーケティング式のホームページは別として、ここまでの説明から作成料金の違いで何が変わってくるのかがご理解いただけたと思います。

要点まとめ

ホームページの質はデザイン性・集客力・収益力の3つで決まる

デザイン性・集客力は必ずしも制作費と比例しない

収益力を求める場合は40万円~の作成費用、納品後も運用費が必要

高性能CMSの普及により、低価格でも良質なホームページが手に入る時代です。

そして、制作費用よりも慎重に選んで頂きたいのが月額の管理費用です。

月額管理費の相場

ホームページを運用すると、月額の保守管理費が発生してきます。

作成だけを依頼してあとは自分で運営するといった方もいらっしゃいますが、トラブル対応・適切なページ更新のできるスキルをお持ちでない場合はお勧めしません。

作成料金に明確な相場がないように、月額管理費においても会社によって5千円~5万円とかなり幅があります。

一般的に、制作会社の規模が大きくなればなるほど管理費も高くなる傾向があります。フリーランスには必要のない営業マンの人件費・広告費などを補填するためです。

また、管理費は単に価格帯で選ばず、どこまでの作業を管理費の範囲内でカバーしてくれるかで選びましょう。

一般的に、価格帯によってどう管理内容が変わってくるのかをまとめてみました。

月額5000円未満

サーバー・ドメイン費用などの固定経費を差し引くと利益はほとんどないため、基本的にサポートはない場合がほとんどです。また、サーバー性能も低い場合が多いです。

「軽微なテキスト更新は月2回まで無料」などの説明があった場合、「軽微とは具体的にどこまでを指すのか」「依頼した更新は何日以内に作業してもらえるのか」といった点を確認しましょう。

月額5000円~1万円未満

ある程度のサーバー性能とサポート内容を期待できる価格帯です。従来型のホームページを運用するならば全く問題ないでしょう。

コンサルティングによる集客サポートも付いてくる会社もありますが、成果は期待しない方が良いでしょう。

ここから固定経費を差し引いた分ではどれだけも人件費を割けません。月に数時間程度の時間を使って集客できるなら誰も苦労しません。

月額1万円以上

一定の価格帯を超えると、サポート内容も会社によって様々です。もちろん、アクセスの多いホームページであっても問題なく運用できますが、損している場合も多いです。

コンサルティングによる集客サポートが付いてくる場合、常に担当者と連絡を取り合って二人三脚でホームページを育てましょう。こちらが動かなければ相手も一生懸命になってはくれません。

また、初期費用0円の月額数万円といったリース契約も増えています。この場合、契約年数に気をつけてください。毎月3万円を5年間払い続けるまでは所有権が移らないなどの事例もあります。

ちなみに、私共も初期費用0円でのホームページ制作を行っておりますが契約年数は6ヵ月となっております。

men
men
 宣伝?これって宣伝ですよね?
woman
woman
よしなさい

まとめ

ここまで色々と説明してきましたが、結論としては冒頭で述べたようにホームページ作成料金の相場などはあってないようなものです。

様々なサービス・サポート行う会社が年々増えており、一概に価格で制作会社を選ぶのはナンセンスです。

安い高いといった価格で選ぶのではなく、良い制作会社を見抜く選定力が必要な時代とも言えます。

成長し続けるHP「富山工房」


インターネット上のホームページの半数以上が1日10アクセス以下。HPを作るだけでは集客できません。

月間1000万PVを集めるノウハウが凝縮されたコンサルティング型HP作成サービスです。
Web集客に必要なモノは全て揃えました。

詳しくはコチラ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA