プロが選ぶ!おすすめの無料ホームページ作成ツール15選

昨今、HTMLなどの知識がなくとも無料で簡単にホームページの作れるツールが増えてきている。

それらは非常に便利で素晴らしいツールではあるが、無料ツールを使うことで料金面で得をする場合と、その反対に大きく損をしてしまう場合がある。

まずはその両者の違いについて説明していきたいと思う。

Man
どっちでもいいからタダがいい!
woman
まずは話を聞こうよ
目次

無料ホームページ作成ツールを使うべき?

無料ホームページ作成ツールは目的によって使うか否かを判断するのが正しい。
具体的に、ホームページを作る目的が下記の場合は無料ツールで作って問題ないだろう。

無料ツールを使うべき場合
  • 趣味・サークルなどのホームページを持ちたい
  • 名刺代わりの企業ホームページを持ちたい

上記の理由でホームページを作る場合は、作成ツールの操作方法を覚えてページを作るだけで良いので非常に簡単である。
ほとんどのサービスではデザインテンプレートも豊富に用意されているので、初心者の方でも一定レベル以上のデザインを構築できるようになっている。

また、その反対に下記の理由でホームページを作る場合は作成ツールでの自作はお勧めしない。

無料ツールを使うべきでない場合

ホームページから問い合わせ・集客を促したい

こういった集客目的でホームページを持つ場合、無料ホームページ作成ツールで自作すべきではない。
ホームページ集客の実現には、作成作業よりも作成後の運用施策の労力がはるかに大きく、SEO・LPOの専門知識も必要となる。

SEO(検索エンジン最適化)

検索結果において自社サイトが上位表示されるように調整する技術

LPO(ランディングページ最適化)

サイトからの問い合わせを向上させるための調整技術

これらのノウハウが詰まったホームページと、初心者の作ったホームページでは集客効果に大きな差が表れる。
SEO・LPOなどは10時間20時間の勉強では習得できないため、自作はお勧めできない。

Man
カッコイイのにモテない俺みたいだな
woman
違います

上記を踏まえた上で、おすすめの無料ホームページ作成ツールをご紹介したいと思う。

おすすめの無料ホームページ作成ツール比較一覧表

この記事では15種類の無料ホームページ作成ツールをご紹介させて頂くが、その15サービスの比較表が下記になる。
最後に読み返していただくと各サービスの違いがお判りいただけるはずだ。

独自ドメインページ公開数容量広告表示グーグルアナリティクス
WIX100500MB有料
jimdo有料52GB有料
はてなブログ有料
ペライチ有料1 無制限
WordPress有料無制限3GB
Ameba Ownd10 無制限
Google Sites有料 無制限 無制限
STUDIO有料5
Goope 無制限 無制限
Strikingly 無制限 500MB
Crayon有料3 無制限 有料
BiNDup有料 無制限 1GB
Weebly有料 無制限 500MB
SITE123有料 無制限 500MB
Webnode有料 無制限 1GB有料
※ 広告表示の「有」はすべて有料プランで非表示可能

おすすめの無料ホームページ作成ツール15選

では次に、一覧表で比較した15のツールについて詳しく紹介する。一覧表では紹介できなかったそれぞれの有料版についても詳しく紹介しているため、参考にしてほしい。

WIX

wix

WIXは利用者1億人を誇るホームページ作成ツールだ。
豊富な種類のデザインテンプレートとカスタマイズの自由度が特徴であり、HTML等の知識がなくともデザインを自由にアレンジすることができる。

無料会員の場合は独自ドメインは使用不可となっており、自ページの上下に広告が表示される。

また、容量も500MBとなっているため有料会員にて運用するのが良いだろう。

料金プラン無料会員コンボプラン無制限プラン
月額料金無料842円1,267円
容量500MB3GB10GB
広告表示
商用利用
独自ドメイン
あわせて読みたい
Wixホームページの作り方【完全初心者向け】 Wixとは、世界中で1億人以上に利用されているホームページ作成ツールである。 今回はそのWixについて解説していきたいと思う。 この記事を読んでいただくことで下記のこ...

jimdo(ジンドゥ)

jimdo

Jimdoはドイツ製のホームページ作成ツールだが、国内版はKDDIウェブコミュニケーションが運営している。

HTMLの知識がなくともスマホから簡単に更新できるなど使い勝手が良く、そのためJimdoを使用したホームページは世界で1500万サイトを超える。

こちらも無料会員では独自ドメインが使用できず広告も表示されるため、会社ホームページを運営する場合は有料会員で運用するのが好ましい。

料金プラン無料会員プロビジネス
月額料金無料945円2,415円
容量500MB5GB無制限
広告表示
商用利用
独自ドメイン
あわせて読みたい
10分でわかるJimdoホームページの作り方と基本操作 Jimdoとは、ドイツに本社を置くJimdo GmbH社が提供するWebホスティングサービスである。 Jimdoを使うことでHTMLなどの専門知識がなくとも誰にでも簡単にホームページが...

ペライチ

ペライチ

ペライチとは、2015年に誕生した株式会社ペライチの運営するホームページ作成サービスである。

名前の通り無料プランでは1ページしか作れない為、ランディングページ(縦長の1ページサイト)などで利用されるケースが多い。

デザインテンプレートは飲食・アパレル・不動産など業種別に60パターン用意されている。

料金プランスタートライトレギュラービジネス
月額料金無料980円1,980円2,980円
公開可能ページ数1P3P5P10P
広告表示
商用利用
独自ドメイン

はてなブログ

はてなブログ

次にご紹介するのは名前の通りブログサービスであり、上記2つとは少し違うものだ。

このはてなブログは非常に拡散性に優れており、検索上位表示もされやすい。

問い合わせや見込み客の獲得には不向きであるが、会社の知名度を上げたい・新しい情報を配信することで顧客離れを防ぐといった目的で使用するならば良い選択肢だろう。

料金体系も無料会員か月額600円の有料会員の2種類のみとなっており、有料会員になることで独自ドメインの使用、ページ表示速度の改善が可能となる。

WordPress

wordpress

WordPressは世界No,1のシェアを誇るCMSであり、信じられないことに世界中のWebサイトの33%はこのWordPressを使用して構築されている。

Man
33!?
woman
それだけ品質が良いということだね

カスタマイズ性・機能面共に他ホームページ作成ツールを凌駕しているものの、HTML・CSSといった専門知識が必要不可欠なため敷居が高いのがネックとなっている。

また、WordPressはオープンソースのため料金プランはなく完全無料となっている。

あわせて読みたい
WordPressホームページの作り方【完全初心者向け】 ここではCMSにおいて世界No,1シェアを誇るWordPress(ワードプレス)を使ったホームページの作り方を解説したいと思う。 この記事ではサーバー・ドメインの取得までを含...

Ameba Ownd

Ameba Ownd

Ameba Ownd(アメーバオウンド)は、Amebaブログなどで知られる株式会社サイバーエージェントが提供しているホームページ作成ツールだ。

一番の魅力はデザイン性の高さで、ブログ用・メディア用・写真用などそれぞれに、スタイリッシュなテンプレートが数多く用意されている。

またマウスでパーツを組み合わせるだけで1ページつくれるなど、手軽さもある。

さらに無料プランで独自ドメインが設定できるのもうれしいところだ。一覧表を見ても分かるように、独自ドメインの設定は有料となっているツールも多いため、これを無料でできる点は大きいだろう。

料金プランベーシックプレミアム
月額料金無料960円
公開可能ページ数10P無制限
広告表示
商用利用
独自ドメイン

Google Sites

Google Sites

Google Sites(グーグルサイト)は、Googleが提供するホームページ作成ツールだ。Googleのアカウントを持っていれば無料で利用できる。

ホームページはドラッグ&ドロップで作成でき、ほかのGoogleツールと同様リアルタイムで複数人が同時に編集することも可能だ。また編集されたものはそのままホームページにも反映される。

もちろんほかのGoogleサービスとの連携もでき、GoogleドキュメントやYoutube、Googleフォームの埋め込みもできる。

デザインがシンプルでテンプレートが少ないため、簡易的でシンプルなホームページがつくりたい人におすすめのツールだ。

料金プランGoogle AppsGoogle Workspace
月額料金無料680円
公開可能ページ数無制限無制限
広告表示
商用利用
独自ドメイン×

STUDIO

STUDIO

STUDIO(スタジオ)は、株式会社STUDIOが提供しているホームページ作成ツールだ。

一番の魅力は完全オリジナルのデザインを0からつくれること。無料ツールは基本的にテンプレートをベースにパーツを配置することでホームページがつくれる。

またHTMLやCSSに詳しければオリジナルデザインもできるが、STUDIOではこれらの知識も不要で、お絵かきをするように直感的な操作でデザインを作成可能だ。

多少ツールの操作方法を覚える必要はあるが、デザイン性の高いホームページをつくりたい人におすすめのツールといえるだろう。

料金プランFREEBASICPRO
月額料金無料980円2,480円
公開可能ページ数5P5P1,000P
広告表示
商用利用
独自ドメイン

Goope

Goope

Goope(グーペ)は、GMOペパボ株式会社が提供しているホームページ作成ツールだ。

店舗経営者に便利な機能が豊富で、予約フォーム、クーポン、営業日カレンダーなどが利用でき、デザインテンプレートも小規模店舗に適切なものが用意されている。

ただし、永続的に無料で利用できないのが大きなデメリットだ。無料なのは15日間のお試し期間だけであり、それ以降は月額1,000円以上がかかるので注意してほしい。

料金プランエコノミーライトスタンダード
月額料金1,000円1,500円 3,500円
容量1GB 5GB 50GB
広告表示
商用利用
独自ドメイン

Strikingly

Strikingly

Strikingly(ストライキングリー)は、アメリカを中心に人気があるホームページ作成ツールだ。

大きなポイントは、1ページのシングルサイト制作が基本となっているところ。もちろん複数ページのホームページもつくれるが、基本は1ページであるため、広告・宣伝用ページをつくりたい人におすすめだ。

また約50種類もの動画が使用できることも魅力。Youtubeの動画を背景にする、ホームページのヘッダー部分に動画を埋め込む、などができるためより動きのあるホームページで注目を引けるだろう。

テンプレートの数は50種類以上、画像は400枚以上が無料で提供されていることから、自社で素材を用意できない人でも安心してホームページづくりに取り組むことが可能だ。

料金プラン無料LIMITEDPROVIP
月額料金無料8ドル16ドル49ドル
公開可能ページ数無制限無制限 無制限無制限
広告表示
商用利用
独自ドメイン×

Crayon

Crayon

Crayon(クレヨン)は、株式会社ハンズが提供しているホームページ作成ツールだ。

最大の特徴はパソコンからだけでなく、スマホからもホームページがつくれること。スマホから撮影した写真を加工し、ホームページを編集・公開できることから、パソコンを持っていない人でも気軽に利用できる。

ただし、ページのデザインがスマホやタブレットに適したデザインとなっているため、パソコンからの閲覧には向いていない。パソコンからの流入を期待する人には向かないツールと言えるだろう。

料金プラン無料ライトプロ
月額料金無料990円3,190円
公開可能ページ数3P30P 300P
広告表示
商用利用
独自ドメイン×

BiNDup

BiNDup

BiNDup(バインド・アップ)は、株式会社デジタルステージが提供するホームページ作成ツールだ。

テンプレートを選び、パーツを組み替えるだけでホームページができるのにくわえ、業種や目的を選ぶだけでホームページの形を自動生成することも可能。初めてホームページをつくる方でもパーツの配置に悩まずに済むだろう。

またHTMLやCSSを直接書き込むことによるカスタマイズもできることから、初心者から上級者まで幅広く使いやすいツールとなっている。FONTPLUSのWebフォントが無料で使えるため、フォントにこだわりたい人にもおすすめだ。

ただし長く無料で使い続けられないので注意が必要。無料で利用できるエントリーコースでも2年目からは月額528円がかかるため、完全無料で利用したい方には不向きと言えるだろう。

料金プランエントリーコース基本コースビジネスコース
月額料金無料(2年目以降月528円)2,728円8,983円
公開可能ページ数無制限無制限(サイト数も無制限)無制限(サイト数も無制限)
広告表示
商用利用
独自ドメイン×

Weebly

Weebly

Weebly(ウィーブリー)はアメリカ発のホームページ作成ツールで、世界3,000万人以上に利用されている。

テンプレートを使ったホームページ作成ができ、デザイン性の高さが特徴的。ブログやポートフォリオなどテーマごとのテンプレートも用意されていることから、気に入るデザインのものも見つけられるだろう。

また機能の拡張性が高い点も魅力。基本機能以外の機能がアプリとして提供されており、これらをインストールすることで、使いやすいホームページツールとしてカスタマイズできるだろう。

料金プラン無料ConnectProビジネス
月額料金無料$5$12$25
公開可能ページ数無制限無制限無制限 無制限
広告表示
商用利用
独自ドメイン×

SITE123

SITE123

SITE123は、2016年から提供が開始されているホームページ作成ツールだ。

大きなポイントは、より簡単にホームページがつくれる点。

ほかのホームページ作成ツールでは、ドラッグ&ドロップでホームページがつくれるが、SITE123の場合はテンプレートを選んだあと、パーツを並び替えるだけでホームページがつくれる。

デザインはシンプルで容量にも制限があるものの、ページ数は無制限であるため、なるべく手軽にページ数の多いホームページをつくりたい人におすすめだ。

料金プラン無料プレミアム
月額料金無料$7.8
容量500MB10GB
広告表示
商用利用
独自ドメイン×

Webnode

Webnode

Webnode(ウェブノード)は、ヨーロッパ発のホームページ作成ツールだ。

特筆すべきは操作の安定感。機能はシンプルなものの、予約フォームなどのコンテンツも簡単に追加できるため初心者でも安心して扱えるだろう。

ただし複数ページを一括で公開できないので注意が必要。1ページずつ作成し公開を行う必要があるため、ページ数の多いホームページをつくりたい人には不向きと言えるだろう。

無料プランもあるが、有料プランが安いことも魅力。独自ドメインだけを追加したい人のためのプランが用意されており、ひと月378円から利用できるため低コストでの運用が可能だ。

料金プラン無料LIMITEDMINISTANDARDPRO
月額料金無料378円629円1,299円2,099円
公開可能ページ数無制限無制限無制限 無制限 無制限
広告表示
商用利用
独自ドメイン×

無料ホームページ作成ツールの選び方

これまで紹介したように、一口に無料ホームページ作成ツールといってもその数は多い。ではホームページ作成ツールはどのように選べばいいのか、それは以下の3つのポイントを押さえることが大切だ。

  • 独自ドメインが使用できるか
  • 広告の数が多すぎないか
  • ページ数の制限はあるか

ではこれらのポイントについて、次の項目で詳しく見ていこう。

独自ドメインが使用できるか

ドメインとは、「インターネット上の住所」とも言われており、Webサイトを識別する情報である。
本サイトのドメインが「toyama-hp.com」であるように、Webサイトには必ずドメインを割り当てる必要がある。

また、このドメインは「独自ドメイン」と「サブドメイン」の2つに大きく分類することができる。

独自ドメイン

ディズニーの場合は「disney.co.jp」、トヨタの場合は「toyota.jp」であるように、自社で自由な文字列で構成できる。

サブドメイン

各サービス会社より割り当てられるドメイン。WIXの場合は「(自由な文字列).wixsite.com」などのように後半にサービス名が入ってしまう。

ちなみに、サブドメインは無料、独自ドメインは年間数千円の費用が発生することになる。

これを聞いて多くの方が「無料ならサブドメインでもいいや・・」と考えがちであるが、なるべく独自ドメインの利用をお勧めしたい。
将来、ホームページを大きくリニューアルする際などに問題が起こるケースが多いためだ。

また、ドメインについてしっかりと学んでおきたい方はドメインとは?その仕組みと正しい決め方をご覧いただきたい。

広告の数が多すぎないか

当たり前のことであるが、無料ホームページ作成ツールを提供している会社はボランティア団体ではない。
収益拡大を目的としているため、無料ツールで作成したホームページにはほぼ全て広告が貼られることになる。

先にご紹介した15個のツールは問題ないが、稀に3つ4つと広告を貼られる無料ツールも存在するので気をつけよう。

また、これらの広告は有料プランに切り替えることで非表示にできることがほとんどである。

ページ数の制限はあるか

これまで紹介してきたものを見ても分かるように、無料ホームページ作成ツールのほとんどはページ数や容量に制限がある。最初は「〇ページで十分」と思っていても運用を続けるにつれて必要なページ数は間違いなく増えるので注意しよう。

また、詳細は複雑になるので省略させて頂くが、ホームページのアクセス数とページ数は基本的に比例すると考えて良い。

冒頭でも話したように、そもそも無料のホームページ作成ツールは集客用途に向かないというのはそういった点も影響しているのだ。

ホームページ作りに最良の選択とは

会社ホームページをこれから作ろうと考えている方にとって、ツール選びは大きな選択だ。

名刺代わりのホームページならば無料ツールで自作してみるのも良いが、ホームページからの集客を考えている方にはやはり制作会社に依頼してコンバージョンの獲得できるホームページを持っていただきたい。

WordPress製のホームページならば、制作会社に依頼しても比較的安価で制作することが可能だ。

これは私たちが制作会社だから言っているのではない。

自作したもののコンバージョンが全く獲得できず、結局は制作会社に相談へ訪れる方を数多く見てきたからだ。

ホームページ運用に悪戦苦闘し、膨大な時間を無駄にしないように慎重に選択していただきたい。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる