はじめてのホームページ作成ガイド

ホームページ制作会社の選び方【これが本音です】

ホームページ製作費は依頼する会社によってかなり上下幅はあるが、高額な場合は数百万円規模になってくる。

また、そのホームページ制作会社選びに失敗して何度も作り変えている企業様も多い。

そのため、この記事ではホームページ制作会社選びに失敗しないための考え方を解説したいと思う。

この記事で学べるコト

そもそもお金を掛けなくて良い場合

制作会社選びで失敗する人の共通点

制作会社選びで最も重要なポイント

men
men
よし、ぼくも勉強しよう
woman
woman
いい心がけだね
Google検索広告の定額サービス

集客目的でないなら無料ツールで十分

ホームページを作る目的は、「名刺代わり」「ネット集客をしたい」の2つに分かれる。

もし名刺代わりのホームページが作りたい場合は、WIXペライチなどの無料HP作成ツールで事足りる。

自分でホームページを?と驚かれる方もいると思うが、HTMLなどの専門知識がなくとも1、2時間の作業時間で誰にでも綺麗なホームページは作れてしまうのだ。

無料ホームページ制作ツールに関しては下記の記事で解説しているのでよければ参考にして頂きたい。

プロが選ぶ!おすすめの無料ホームページ作成ツール 昨今、HTMLなどの知識がなくとも無料で簡単にホームページの作れるツールが増えてきている。 それらは非常に便利で素晴らしい...

また、逆に名刺代わりではなく集客目的でホームページを作る場合は必ず制作会社に依頼しよう。自身で進めると99%失敗する。

そしてここからは、集客目的でホームページを作ることを前提とした制作会社の選び方について解説したいと思う。

制作会社選びで失敗を続ける人の共通点

富山工房では無料相談を行っており毎日のように相談のお電話をいただくが、中には4回、5回と制作会社選びに失敗されている方も多い。

ここで言う「失敗」とは、期待していたような集客効果が得られなかったことを指す。

この方たちの共通点は、予算設定がそもそも間違っていることである。

だいたいの場合、製作費+管理費の年間予算を20~40万円前後で設定して制作会社を選んでいるのだ。

名刺代わりのホームページを作る場合は十分な予算だが、集客目的となると予算として少なすぎる。

ホームページ集客というのは大変な作業時間を必要とする。ページを1つ作るのにも数時間、場合によっては数十時間働く必要がある。

年間30万円の対価で制作会社の人間が何時間働けるかを計算すると良い。

正直なところホームページを作って終わり、この予算内で十分な集客施策などする余裕はないのだ。

予算20万円、30万円という検索フィルターを掛けた状態で制作会社を探し続ける限り、失敗を繰り返すだろう。

men
men
美味しい珈琲も出しますからなんとか!
woman
woman
うーん

でも30万円で受注する制作会社はたくさんある

しかし製作費+管理費の年間予算30万円以下でも仕事を取る制作会社はたくさんある。

セールスマンは仕事を取るために「集客できます」「SEO対策もバッチリです」と甘い言葉を並べるだろう。

そういった制作会社を否定するつもりは全くない。

しかしこの言葉には「(30万円の予算にしては)集客できます」「(予算の割には)SEO対策もバッチリです」という見えない文脈が隠されている。

クライアント企業の売り上げが大きく変わるほどの集客効果がないことは彼らが一番わかっているのだ。

あくまで予算の割けない中小企業向けに作られたプランであることを理解いただきたい。

仕事を取り逃すリスクを恐れずに「30万円では十分な集客施策をすることは不可能です」と正直に言ってくれる制作会社は少ない。

ホームページ制作費用の相場については別記事にて考え方を解説しているので、よければ参考にして頂きたい。

ホームページ制作費の相場【これが裏側です】 まず最初に語弊を恐れず断言したい。ホームページ制作に相場価格などはない。 制作会社によってホームページを制作するまでのプロ...

十分な予算を割けない中小企業はどうすべきか

しかしホームページ制作に年間数百万規模の予算を投資できる企業は少ないのが現実である。

その場合、唯一残された道が「自分でやる」ことである。

HTMLなどの専門知識の必要な制作作業や保守管理などは制作会社に委託し、集客施策は自身で勉強をしながら進める。これしか低予算でホームページを作り集客をする方法はない。

こういった考え方は広まりつつあり、制作会社とクライアントの二人三脚で集客施策を進めるホームページ制作サービスも増えている。

最も有名なのはコンテンツSEOを得意とするバズ部が挙げられる。

また、富山工房自身も二人三脚型のサービスを推しだしているのでもし興味のある方はご相談いただきたい。

正しい制作会社の選び方とは

集客目的でホームページを作る場合はある程度の予算が必要となる。

それを理解いただいた上で、制作会社選びのポイントをいくつかご紹介したいと思う。

WordPressを使っていること

WordPressとは、世界No,1シェアを誇るCMSであり、ホームページ制作の工程を大幅に少なくすることが可能で、結果的に良質なホームページが比較的安価な料金で制作できる。

また、検索順位を決める要因であるSEOにおいても優秀、実にインターネット上に存在するWebサイトの30%がこのWordPressによって構築されている。

men
men
芸能人の30%はアメブロ
woman
woman
あながち間違いではないな

納品後のブログ更新なども誰にでもできるため、わざわざWordPressを使わない制作会社を選ぶ理由が見当たらない。

SEO対策の内容を具体的に説明できる

ホームページは納品後もSEO対策が必須となる。しかしどういった施策を行うのか具体的に説明できない制作会社は基本的に「何もしていない」と考えてよい。

特に「キーワード調整」「内部対策」などとそれらしい言葉を使って説明する制作会社もあるが、内部対策やキーワード調整など納品後にすることではない。

SEO対策とは、良質なページを増やし続けることが王道であり唯一の正解である。これをしない限り、キーワード調整などの小手先のテクニックをいくら行おうと効果はない。

ブラックハットSEOを行う会社には注意

SEO対策の中でもブラックハットSEOと呼ばれる施策がある。

ブラックハットSEOとは、他サイトからホームページに向けた人工的な被リンクを作り出すことでWebサイトの価値をGoogleに誤認させる手法である。

一時的に検索順位の上昇効果はあるかも知れないが、ブラックハットSEOがGoogleに発覚するとホームページ自体を検索上から削除されてしまう。

また、制作会社と解約すると同時に作られた被リンクは全て解除されるので検索順位も急降下する。つまり制作会社に依存し続けなければならない。

理想は総合的なWeb集客施策のできる会社

ホームページを作り、SEO対策でアクセスを増やし続けるのがWeb集客の基本であるのは間違いない。

しかしネット上にはFacebook・Twitter・YouTubeといった「ネット上での居場所」が増え続けておりユーザーも各所に分散している。

そのため、ホームページ単体での集客効果は将来的に先細りになっていくのは間違いない。

SNS・動画を活用したホームページ以外の集客施策も今後は必要不可欠となってくるため、総合的なWeb集客に対応できる制作会社が理想的だ。

まとめ

以上、ここまでホームページ制作会社選びのポイントを解説してきた。

おそらくブラックハットSEOなど初めて耳にする言葉もあったと思う。

このように、制作会社選びのノウハウを最も効率よく学べる方法は、自身でホームページ制作から集客施策について詳しくなることである。

ホームページ集客のノウハウについては別記事にて解説しているのでよければ参考にして頂きたい。

ホームページから毎月100人を集客するために徹底している3つの事 富山工房のクライアントさまの75%は他ホームページ制作会社からのお乗り換えだが、その理由のほとんどが「集客効果を実感できない」こ...
men
men
よければシェアよろしく!
woman
woman
よろしくお願いします
総合Web集客サービス


ホームページを軸として広告・SNSなどWeb集客に必要な武器は全て無料オプションで揃えたサービス。

富山工房がビジネスを成長させるお手伝いをさせて頂きます。

Web集客特化型ホームページについて