【厳選4社+α】Instagram運用代行サービスを比較検証してみた

Instagramを使ってPR活動を行う企業は途中であることに気づく。

映えるだけの写真をいくらアップしてもPR効果は0の時代

そう、綺麗な写真やキャンペーン情報をいくら垂れ流してもInstagram集客が成功する時代はもう終わったのだ。

しかしSNSマーケティングに精通する人材を育成するのも困難であり、その際に「運用代行サービス」が1つの選択肢になってくる。

そこでこの記事では、Instagram運用代行サービスについて徹底解剖を行いたいと思う。

この記事で学べるコト
  • Instagram運用代行の種類
  • おすすめの運用代行サービス
  • 運用代行の利用データ
Man
インスタ運用を委託する時代に!?
woman
最近増えているみたいだね
目次

Instagram運用代行は2種類

まず最初にInstagram運用代行と呼ばれるサービスの種類についてお伝えしたい。

Instagram運用代行と呼ばれるサービスには下記の2種類が存在する。

  • フォローアップ支援型
  • アカウント運用丸投げ型

それぞれの特徴と相場について見ていこう。

フォローアップ支援型

フォローアップ支援型とは、ユーザーに対して「いいね」「フォロー」を行うことでフォロワーの増加のみを行うサービスであり「自動ツール」と呼ばれる事もある。

数年前は外国人アカウントや(実在しない人物の)ダミーアカウントによってフォロワーを増やすサービスが主流であったが、現在はAIによるターゲティングを行うサービスも増えつつある。

AIターゲティングを使うことで例えばあなたが表参道にあるカフェのオーナーである場合、下記のような見込み客のみをフォロワーとして増やすことができるのだ。

表参道によく訪れる20代女性

つまり、集客に繋がるフォロワーのみを効率よく集めることが可能となったのだ。

格安な自動ツールは月額5,000円程度で利用可能ではあるが、アカウント凍結リスクが年々高まっているためお勧めしない。

Man
アカウント凍結しちゃうの?
woman
基本的に自動ツールは利用規約違反なのよ

安全で凍結事例の報告されていない自動ツールに関しては安全&おすすめの自動ツールにて紹介しているのでご覧頂きたい。

アカウント運用丸投げ型

そしてもう1つがアカウント運用丸投げ型と呼ばれる運用代行サービスである。

アカウント丸投げ型のサービスでは、基本的に下記の内容を行ってくれる。

  • アカウント設計・投稿内容の企画
  • 投稿作成・投稿代行作業
  • 投稿する写真や動画の撮影

また、相場は下記のようになる。

相場費用サービス内容
月額10万円以下投稿作成・投稿代行
月額20~30万円投稿作成・投稿代行・コメント返信・定期ミーティング・広告運用
月額50万円~撮影・投稿作成・投稿代行・コメント返信・定期ミーティング・広告運用

ご覧のように、撮影作業までを任せるかどうかで相場は大きく変動するので、費用を少しでも抑えたい場合は撮影を自社で行うのが好ましい。

次に、おすすめの運用代行サービスを厳選してご紹介したいと思う。

おすすめのInstagram運用代行会社

ここでご紹介するサービスは全て「アカウント丸投げ型」であり、数ある運用代行会社から5社をピックアップしたいと思う。

株式会社to

株式会社to
会社所在地東京都品川区西五反田3-15-6 3F
事業内容デジタルマーケティング
料金プランスタンダードプラン 月額30万円
プレミアムプラン 月額50万円
おすすめ度

株式会社toでは、「todokeru」というサービス名称でInstagram運用代行サービスを提供している。

自社独自の分析ツールを開発するなど、分析力に定評のある運用代行会社。
単に作業を代行するだけではなく、コンサルティング面においても注力してサービスを行っている。

対応業種も非常に幅広く、特にBtoB事業において数多くの運用実績を持っている。

基本プランは月額30万円~となっているものの、低予算でのコンサルティング・アカウント構築サービスなども柔軟に対応可能。

株式会社Tenmu

株式会社Tenmu
会社所在地東京都大田区東雪谷3-5-3 2F
従業員数30名
料金プランライトプラン 月額45万円
ベーシックプラン 月額50万円
プレミアムプラン 月額65万円
※予算に合わせたプラン提案も可能
おすすめ度

株式会社Tenmuは数々のメディアでも取り上げられており、非常にお勧めできるInstagram運用代行会社である。

運用実績も医療法人社団からアパレルブランドまでと幅広く、どのような業種にも対応可能。

月次定例会議での分析と改善を強みとしており、1年間あまりで10万人規模のファン構築に成功した事例も少なくない。

基本プランは45万円~となっているものの、お客様の予算と目的に合わせて最適なプラン内容を提案してくれる。
かなり柔軟に対応をしてくれる良心的な会社なので一度ご相談してみることをお勧めする。

株式会社ReF

株式会社ReF
会社所在地東京都品川区東五反田1-10-11
事業内容SNSマーケティング・店舗集客支援
料金プランプレミアプラン 月額5万円
おすすめ度

先ほどフォローアップ支援サービス説明の中でも登場した株式会社ReF。
上位プラン(プレミアプラン)では運用代行も可能となっている。

サービス詳細は、手動によるフォローアップ施策+投稿(キャプション)作成+投稿代行というもの。
写真撮影や企画・設計などはサービスに含まれていないため自社で行う必要があり、完全な運用丸投げとは異なる。

もし運用代行への予算が月額10万円以下の場合はReF一択と言っても過言ではない。
逆に予算が月額20万円以上の場合は先にご紹介した株式会社Tenmu等に委託するのが好ましい。

株式会社Radix

株式会社Radix
会社所在地大阪市中央区博労町4−7−3 T−3 SHINSAIBASHI 503
設立2016年1月
料金プラン■スモールプラン
初期費用0円/月額25万円
■スタンダードプラン
初期費用0円/月額40万円
■プレミアムプラン
初期費用0円/月額50万円
■コンサルティングプラン
月額10万円
おすすめ度

株式会社Radixでは「SAKIYOMI」というサービス名称で運用代行を行っている。
特にBtoCサービスの運用を得意としており、美容・食品・健康を中心に数多くの実績を持っている。

料金もリーズナブルで、月額25万円のスモールプランであってもフィード投稿とストーリーズ投稿が1日1回実施される内容となっている。

投稿頻度の高さから半年で6万人のフォロワー増加事例などもあり、0からInstagram集客をはじめたい方にもお勧めの代行会社である。

テテマーチ株式会社

テテマーチ株式会社
会社所在地東京都品川区西五反田3-12-14 西五反田プレイス1F,2F
設立2015年6月
料金プラン■インハウスサポートプラン
初期費用40万円~/月額35万円~
■トータルサポートプラン
初期費用40万円~/月額85万円~
おすすめ度

テテマーチ株式会社はプランナー・ディレクター・ライター・クリエイターによるプロジェクトチームよりアカウントの運用サポートを行ってくれる。

資生堂やテレビ東京など大手企業のクライアントも抱えており、信頼性は非常に厚い。

料金帯は他社に比べ高額なモノの、安心してアカウント運用を任せたい方にはお勧めしたい運用代行会社である。

株式会社シェアトコ

株式会社シェアトコ
会社所在地東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー29F
設立2010年7月
料金プラン初期開設 20~40万円
運用代行 月額30~60万円
おすすめ度

株式会社シェアトコはInstagramのみならずTwitter・Facebookまで幅広く運用代行サービスを提供している。

通常の運用以外にもキャンペーンによるファン構築施策や拡散協力を仰ぐインフルエンサーの選定・交渉など幅広く対応可能。

初期開設(初期費用)が掛かってしまうネックはあるものの、TwitterやFacebook含めSNSを包括的に運用したい場合は相談してみるのも良いだろう。

サムライト株式会社

サムライト株式会社
会社所在地東京都千代田区内幸町1-1-6 NTT日比谷ビル3階
従業員数65名
料金プランInstagram運用設計 30万円~
アカウント運用 月額30万円~
おすすめ度

月額費用での継続的な運用代行への依頼が難しいという方向けに「Instagram運用設計」というサービスを展開。同サービスでは、現状分析・競合調査により「今後どのように運用すべきか」といった点をマニュアル化してくれる。

もちろん通常の運用代行も対応可能。
他にもInstagram広告の運用も得意としており、戦略設計から実運用までをトータルサポート。

Instagram運用代行の費用対効果

ここまでの内容で、Instagram運用代行の相場がおよそ月額30万円~であるのがお判り頂けたと思う。これは決して安い費用ではない。

ここからは実際にInstagram運用代行を使用した費用対効果の検証として、株式会社Tenmuで公開されているデータを一例としてご紹介したい。

アカウント運用期間実績
玩具メーカー約18カ月フォロワー11万人
コスメメディア約17カ月フォロワー18万人
医療法人約4か月フォロワー1000人
Man
1800人と間違えてない?
woman
18万人です

この数値を高いと捉えるか、低いと捉えるかは人ぞれぞれである。

しかし仮に、Instagram広告の配信のみでフォロワーを1万人集めようとすると費用はいくら掛かるかご存じだろうか?

下記データはInstagram広告1万円あたりのフォロワー増加数を検証した結果である。

インスタ広告の効果

データによると1フォロワーあたりの獲得単価は208円。1万人のフォロワーを獲得するのに必要な費用は下記の通りとなる。

208円×10,000人=2,080,000円

また、運用代行では投稿作成や検証・改善施策までも行ってくれる。

これらの作業を自社で行おうとする場合、誰かが空き時間を使って~というレベルの運用ではまず効果の出ることはない。

担任の担当者を最低1名は雇用する必要がある。
その人材の人件費だけでも年間300万円前後掛かると想定すると、運用代行サービスが決して高い買い物でないことが解る。

まとめ

以上、Instagram運用代行サービスについて解説させて頂いた。

予算感としては月額30万円~を想定し、予算の捻出が難しい場合は安価なフォローアップ支援型のサービスを利用しつつ自社運用を行うのが好ましい。

中には月額数万円で運用丸投げの可能な格安サービスも存在するが、基本的に大きな集客効果の望めないサービスと考えるべきだ。
Instagram集客とは、そんな簡単に成功するものではない。

また、全国から更に最適な運用代行会社をお探しの方には「SNS仲人」のご利用をお勧めしたい。無料見積りで専門家が最適な運用代行会社を提案してくれる。

Man
よければ記事シェアよろしくな!
woman
よろしくお願いします
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる