MEO対策

Googleマップに会社が表示されない!正しい登録方法はコチラ

Googleマップ上で自社がどのように表示されているか、これは現代社会においてビジネスを行う上で非常に大切なことです。

例えば、居酒屋と検索するだけで通常の検索結果の上にローカル検索結果(近場の店舗情報一覧)が表示されます。

ローカル検索結果
men
men
 これ便利だよね
woman
woman
 ローカル検索って言うんだよ

このローカル検索上において、自身の店舗(会社)が適切に表示されているかどうかは売上を大きく左右します。

このGoogleマップ上に店舗が表示されない悩みには、大きく分けて2パターンがあります。

1.マップに表示させる方法が解らず、Googleマイビジネスの登録を済ませていない

2.Googleマイビジネス登録、オーナー確認を済ませたのに表示されない

この2パターンそれぞれの対処法を順に解説したいと思います。

Googleマイビジネスに登録する方法

Googleマップ上に店舗(会社)を適切に表示させるためには、

  1. Googleマイビジネスに登録する
  2. ビジネスオーナー確認用のコード取得
  3. ビジネス情報の詳細設定

の3ステップの操作が必要です。

Googleマイビジネスとは、Googleが無料で提供しているPRツールです。また、そこに掲載されている情報の信頼性を高めるために「オーナー確認」というシステムがあります。

men
men
オーナー確認?
woman
woman
 「本人確認」と同じさ

決して難しくはありませんので、ゆっくりと1つ1つ進めていきましょう。

Googleマイビジネスに登録

まず Googleマイビジネスにアクセスして、「ご利用を開始」をクリックします。

 

Googleアカウントが必要になるので、もしお持ちでない方は公式ページからアカウントを作成しましょう。

すると次画面にアクセスするので、店舗名・会社名を入力して「次へ」をクリックします。

ビジネス名登録

会社名を入力した際、ゼンリン地図と照合して同じ名前の会社がいくつか表示される場合があります。

その場合、所在地を確認して自身の会社が表示されているならば、そちらを選択してから「次へ」をクリックします。

ビジネス名登録

次にビジネス所在地の確認です。都道府県を選択後、郵便番号と住所を入力して「次へ」をクリックします。既に所在地が入力されている場合はそのまま進んでください。

会社所在地

そして所在地の詳細設定です。地図をドラッグ&ズームして、赤色のマーカーを正確な位置に動かしてください。ほとんどの場合、既に正確な位置に設定されていて動かす必要はないはずです。

所在地確認

次にビジネスカテゴリの設定です。「居酒屋」「歯医者」など、検索ユーザーがあなたのビジネスを見つけるのに最もメジャーで適したワードを設定して「次へ」をクリックします。

※これは後からでも変更できるので、あまり深く考える必要はありません。

ビジネスカテゴリ設定

そして連絡先の設定です。ユーザーが会社へ問い合わせ等をするための電話番号を入力します。

ホームページをお持ちの場合はそのURLを設定し、お持ちでない場合は「ウェブサイトは不要です」にチェックを入れてから「次へ」をクリックします。

連絡先の設定

「ご自身の情報に基づいて無料ウェブサイトを作成する」にチェックを入れると、登録完了後にG Suiteの作成ページに進みます。G SuiteとはGoogleが提供する簡易ホームページの無料作成ツールです。

最後に、次ページで「終了」をクリックしてGoogleマイビジネスの登録は完了です。

 

登録確認

次に、このビジネスのオーナーであることを証明するために確認用のコード取得を行います。

オーナー確認用コードの取得

オーナー確認を済ませることで、検索画面に表示させる写真を投稿、口コミへの返信できるなど様々なメリットがあります。

この画面に進むと、確認用コードの受け取り方法が選択できますが、メールで受け取りましょう。

ハガキは到着まで数週間掛かる場合もあり、電話は聞き間違えの起こる可能性があります。

確認用コードを受け取った後は、Google マイビジネスにログインをして、メニューの [オーナー確認を行う] または [今すぐオーナー確認] ボタンをクリック後、コードを入力していきます。

詳細はブラックボックスなので不明ですが、ご自身でSearch ConsoleなどのGoogleサービスを利用している場合、自動でオーナー確認が完了している場合もあります。

以上でGoogleマップに会社名を登録させるまでの作業は終了です。

マップ上に反映されるまでの時間はバラバラで、数日から一週間程度掛かる場合もあるようなので気長に待ちましょう。

最後に、ローカル検索での表示順位を上げるためのMEO対策も一緒に済ませてしまいましょう。

men
men
 そんなコトも可能なんだ!
woman
woman
 そのための施策をMEO対策と言うんだ

ビジネス情報の詳細設定

Googleは公式に以下のようなコメントを発表しています。

Google マイビジネスの管理画面に最新のビジネス情報を入力すると、ローカル検索結果の掲載順位が改善し、Google 検索や Google マップで効果的にビジネスを宣伝できます。

ローカル検索結果は、検索語句との関連性が十分に高いものが表示されるため、ビジネス情報の内容が充実しているほど、検索語句と一致しやすくなります。

Googleマイビジネス ヘルプより引用

つまり、マイビジネスのアカウントから詳細項目を設定することで、表示順位の改善も見込めるということです。

先ほど作成したアカウントからマイページにログインすると、業態カテゴリー・曜日毎の営業時間・バリアフリー対応などその他属性・写真追加と、様々な設定項目があるので全て記載しましょう。

オーナー確認を済ませても表示されない場合

オーナー確認を済ませ、一定期間が過ぎてもなおGoogleマップ上に店舗(会社)が表示されない場合もあります。

その理由、解決方法もブラックボックスとなっており詳細は不明ですが、理屈としては「その場所にその内容のビジネスが本当に存在するのかGoogle側が確認できていない」ということです。

こういった場合は少しでもGoogle側に事業内容をアピールするために、マイビジネスアカウントにログインをして営業時間等の詳細設定を全て記載してください。

特に、ユーザーが求めているだろう写真を適切な枚数だけ登録しましょう。

飲食店ならば商品画像、学習塾ならばユーザーが訪れやすいよう建物全体の画像など、どういった画像があればユーザーの利便性が上がるかを考慮してください。

また、ホームページをお持ちでない場合は、Googleが無料で提供しているG Suiteで簡易ホームページを作りましょう。

こういったアピールの積み重ねでGoogleマップにも必ず反映されるはずです。

men
men
 意外と簡単そうだね
woman
woman
 20分もあればできそうだね
マイビジネス運用付き総合WEB集客サービス


現代のネット集客には必要不可欠なマイビジネス運用からアドワーズ広告・SNS集客までを無料オプションで揃えたWEB集客サポート。

今なら集客特化型ホームページも1つお付けします。

詳しくはコチラ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA